沿革

1898(明治31)年 郡山絹糸紡績株式会社(郡山)設立
1918(大正7)年 福島精練製糸株式会社(福島)設立
1923(大正12)年 日東紡績株式会社創立
-福島紡織株式会社(旧 福島精錬製糸(株))が片倉製糸岩代紡績所 (旧 郡山絹糸紡績(株))を買収するかたちをとり、商号を日東紡績株式会社に変更し、創立
1938(昭和13)年 グラスファイバーの工業化に成功
-日本初、世界では米国オーエンスコーニングファイバーグラス社が同時期に工業化
日本で初めてロックウールの製造を開始
1949(昭和24)年 日本で初めてグラスウールの製造を開始
1960(昭和35)年 ロングセラー商品となる「日東紡ふきん」を発売
1965(昭和40)年 コアスパン糸「C・S・Y®」の製造を開始
1969(昭和44)年 プリント配線基板用ガラスクロスの製造を開始
レディス用芯地「ダンレーヌ®」の製造を開始
1982(昭和57)年 血液凝固因子検査薬の製造を開始
1983(昭和58)年 世界で初めて機能性ポリマー「PAA®」の工業化に成功
1988(昭和63)年 免疫血清学系検査薬を発売
1997(平成9)年 飲料事業を開始
2008(平成20)年 福島工場・福島第2工場がPRTR大賞を受賞
2015(平成27)年 「日東紡の新しいふきん®」がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞