個人投資家の皆様へ

日東紡ってどんな会社?日東紡ってどんな会社?

暮らしと社会を支える縁の下のチカラ持ち。

日東紡グループの製品は、今日も見えないところで 皆様の暮らしと社会をチカラ強く支えています。

  1. 1携帯基地局向け 基板用ガラスクロス
  2. 2FRP用グラスファイバー
  3. 3グラスウール断熱材
  4. 4ガラスクロス膜材(内膜)
  5. 5ロールスクリーン生地「VERRE SCREEN®」
    (ヴェールスクリーン)
もっと見る
  1. 6スマートフォン筐体用チョップドストランド
    プリント配線基板用ガラスクロス
  2. 7ネットワークサーバー向け基板用ガラスクロス
  3. 8テニスラケット補強用グラスファイバー
  4. 9プリント配線基板用ガラスクロス
  5. 10道路補強用ガラスクロス
  6. 11機内用ガラスクロス/機体補強用ガラスクロス
  7. 12ガラスクロス膜材(内膜)
  8. 13FPR・FRTP部品用グラスファイバー
    制振材用ガラスクロス
  9. 14LNGタンク保冷構造用ガラスクロス
  10. 15体外診断用医薬品
  11. 16インクジェットプリンタ用助剤
  12. 17日東紡の新しいふきん®
  13. 18接着芯地

沿革

1898(明治31)年

郡山絹糸紡績株式会社(郡山)設立

1918(大正7)年

福島精練製糸株式会社(福島)設立

1923(大正12)年

日東紡績株式会社創立

-福島紡織株式会社(旧 福島精練製糸(株))が片倉製糸岩代紡績所 (旧 郡山絹糸紡績(株))を買収するかたちをとり、商号を日東紡績株式会社に変更し、創立

1938(昭和13)年

グラスファイバーの工業化に成功

-日本初、世界では米国オーエンスコーニングファイバーグラス社が
同時期に工業化

1949(昭和24)年

日本で初めてグラスウールの製造を開始

1960(昭和35)年

ロングセラー商品となる「日東紡の新しいふきん®」を発売

1969(昭和44)年

プリント配線基板用ガラスクロスの製造を開始

レディス用芯地「ダンレーヌ®」の製造を開始

1982(昭和57)年

血液凝固因子検査薬の製造を開始

1984(昭和59)年

機能性ポリマー「PAA®」の販売を開始

1988(昭和63)年

免疫血清学系検査薬を発売:

2008(平成20)年

福島工場・福島第2工場がPRTR大賞を受賞

2015(平成27)年

「日東紡の新しいふきん®」がグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞

ニットーボーメディカル(株)が民間部門農林水産研究開発功績者表彰

農林水産大臣賞を受賞

2019(令和元)年

Baotek Industrial Materials Ltd.(台湾)を連結子会社化

日東紡の事業内容

グラスファイバー事業

原繊材事業

特徴あるグラスファイバーを強化プラスチック用途や電子材料用途などに幅広く提供しています。

  • 複合材用グラスファイバーA

    主な用途 住宅・自動車

  • ガラスヤーンB

    主な用途 クロス材料:電子材料・産業資材

機能材事業

ガラスヤーンで織ったガラスクロスを基地局、データセンターなどのインフラからPC、スマートフォンに至る電子デバイスまで、幅広い電子材料用途に提供しています。

電子材料用ガラスクロスC

主な用途 プリント配線基板(マザーボード、半導体パッケージ)

主な用途 プリント配線基板(マザーボード、半導体パッケージ)

設備材事業

グラスウールやグラスファイバーを、産業資材用途・建設資材用途に提供しています。

  • グラスウール

    主な用途 住宅

  • 産業資材用グラスファイバーD

    主な用途 建築・自動車

サプライチェーン

サプライチェーン

サプライチェーン

  • Only 1 No. 1の技術
    • 世界最細レベルのグラスファイバー
    • 独自組成によるスペシャルガラス
  • 日東紡が目指すNo. 1
    • 電材分野…技術・商品力に磨きをかけ、超極細・超極薄・スペシャルガラス分野の世界No.1
    • 複合材・産業資材分野…提案力、対応力(スピード)・品質による価値創造への貢献で、お客様満足度No. 1

ライフサイエンス事業

メディカル事業
(体外診断用医薬品)

体外診断用医薬品は、健康診断や人間ドック、病院での受診の際に用いられる検査薬で、原料から最終製品までの一貫生産を行い、医療・検査機関に提供しています。

取引先 医療機関:診察・健康診断・人間ドック

スペシャリティケミカルス事業

独自性の高い機能性ポリマー(高分子化合物)を顧客ニーズに合わせ、幅広い用途に提供しています。

主な用途 インクジェットプリンタ助剤、水処理剤、製紙・加工金属助剤など

  • Only 1 No. 1の技術
    • 抗血清から試薬販売までの一貫体制
  • 日東紡が目指すNo. 1
    • 抗血清から試薬製造・販売までのグローバル垂直統合事業で、免疫系血漿タンパク診断薬分野の世界No. 1

繊維事業

接着芯地・ふきん

衣服のシルエットを整える接着芯地やロングセラー商品「日東紡の新しいふきん®」を提供しています。

取引先 アパレル・日東紡の新しいふきん®

取引先 アパレル・日東紡の新しいふきん®

  • Only 1 No. 1の技術
    • 世界最薄レベルの接着芯地
  • 日東紡が目指すNo. 1
    • 接着技術を活用した高機能資材分野の
      世界No. 1

日東紡のありたい姿

2030年にありたい姿

Big VISIOM 2030

持続可能な社会実現のために、
「環境・エネルギー」「デジタル化社会」「健康・安心・安全」に貢献する
グローバル・ニッチ No. 1 を創造し続ける企業グループ

  • 環境・エネルギーに貢献する製品・サービスの提供
  • デジタル化社会に貢献する製品・サービスの提供
  • 健康・安心・安全に貢献する製品・サービスの提供

全てのステークホルダーから
「日東紡でよかった」と思われる
企業グループを目指す

  • 企業としての社会的責任
    SDGs・ESG経営の実現
    地球温暖化・環境問題の
    深刻化

    • 循環型社会の形成
    • 法規制の加速

  • スペシャルガラス
    (低誘電・低熱膨張)の需要増
    超スマート社会の到来

    • 通信の高速化(5G/6G)
    • AI技術の進化・IoT時代の到来

  • 予防医療の充実
    健康促進マインドの高まり
    社会構造問題

    • 少子高齢化(国内)
    • 人口問題等

日東紡が目指す
グローバル・ニッチ No. 1

日東紡グループが目指すグローバル・ニッチNo.1

業績の概況

2023年度
(2023年4月~2024年3月)
連結業績

2023年度は、グラスファイバー事業において高付加価値品であるスペシャルガラスの販売が順調に推移したことなどにより、増収増益となりました。当期純利益は、前年度第4四半期に減損損失を計上したことの反動などにより、大幅な増益となりました。

  • 売上高
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益

2023年度 セグメント別業績

事業別売上高構成比

くわしく見る

  • 原繊材事業

    原繊材事業では、スペシャルガラスの販売が好調に推移したものの、強化プラスチック用途の複合材、電子材料向け汎用ヤーンの販売の低調などが利益の押し下げ要因となりました。

    原繊材事業
  • 機能材事業

    機能材事業では、スペシャルガラスの販売が低誘電特性分野は伸長し、半導体パッケージ基板向けも回復傾向となり、増収増益となりました。

    機能材事業
  • 設備材事業

    設備材事業では、断熱材および設備・建設資材向けガラスクロスの堅調な販売により増収増益となりました。

    設備材事業
  • ライフサイエンス事業

    ライフサイエンス事業では、メディカル事業は販売が順調に推移したものの、飲料事業が連結対象から除外された影響により、減収増益となりました。

    ライフサイエンス事業
  • 繊維事業

    繊維事業では、芯地の販売は堅調に推移したものの、コストアップなどの影響を受けたことにより、増収減益となりました。

    繊維事業

※売上高は外部顧客向け

株式情報&株主メモ

株式の状況

(2024年3月31日現在)

発行済株式の総数 37,723,012株
株主数 8,420名
所有者別株式分布状況

所有者別株式分布状況

くわしく見る

大株主

(2024年3月31日現在)

株主名 持株数(千株) 持株比率(%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 4,450 12.17
株式会社日本カストディ銀行(信託口) 3,544 9.69
住友不動産株式会社 2,383 6.52
日本生命保険相互会社 1,614 4.41
第一生命保険株式会社 1,316 3.60
住友生命保険相互会社 1,082 2.96
エア・ウォーター株式会社 997 2.73
株式会社東邦銀行 905 2.47
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 890 2.43
株式会社みずほ銀行 800 2.19

※持株比率は、自己株式を控除して計算しています。
なお、自己株式には株式給付信託に係る信託口が保有する当社株式は含まれていません。


株主事務に関するご案内

事業年度 毎年4月1日から翌年3月31日まで
定時株主総会 毎年6月中旬
基準日 定時株主総会の議決権 毎年3月31日
期末配当金 毎年3月31日
中間配当金 毎年9月30日
その他必要があるときは、あらかじめ公告をして定めます。
公告方法 当社ウェブサイト内の下記アドレスに掲載します。
https://www.nittobo.co.jp/
ただし、事故その他のやむを得ない事由によって電子公告による公告をするこできない場合は、日本経済新聞に掲載します。
上場証券取引所 東京証券取引所プライム市場(証券コード3110)
株主名簿管理人及び特別口座管理機関 東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
みずほ信託銀行株式会社

配当

所有者別株式分布状況

所有者別株式分布状況

個人投資家説明会資料