中期経営計画(2021~2023年度)

 当社は、2023年4月1日に創立100周年を迎えます。
 当社グループは、次の100年も持続的な成長を実現するために、2023年度をターゲットとする目指すべき企業像『長期ビジョン101』を策定し、その1stステージとして2017年度から2020年度までの4年間を対象とした中期経営計画に取り組んでまいりました。
 今般、長期ビジョン101の2ndステージであると同時に、2030年にありたい姿『Big VISION 2030』の実現に向けた長期戦略の1stステージと位置付ける『新中期経営計画(2021~2023年度)』を策定しました。

中期経営計画

基本戦略

基本戦略

重点施策

新中期経営計画

財務目標

(単位:億円)

  2020年度(実績)   2023年度(目標)
売上高 787 1,000
営業利益 60 140
EBITDA
(EBITDAマージン)
123
(15.6%)
250
(25%)
ROE 8.4% 10%
ROIC 2.9% 6%
自己資本比率 53.7% 55%
D/Eレシオ 0.45 倍 0.4 倍

環境目標

1.CO₂排出量削減
2030年目標(2013年比):連結売上高原単位▲30%
総排出量▲8%
※パリ協定を踏まえた日本政府目標の産業部門割り当てを超える削減に取り組む

2.廃棄ガラス削減
2030年目標:廃棄ガラス量の実質ゼロ達成

財務戦略

 「収益性・効率性向上」と「財務健全性確保」を両輪として取り組み、「資本効率向上」を目指します。

財務戦略

株主還元方針

 現在は、安定的な成長を重視した株主還元を実施します。
 中期的には、利益成長軌道に乗る2023年度以降、定常収益に対する配当性向30%を目安に、利益成長に連動した株主還元を実施します。