「スゴイ」の紹介
私たちが製造を担うグラスファイバー製品は、きわめて多品種です。しかもそれぞれの製造条件が異なります。各製品や製造機械の特性を理解し、状況に応じた条件を設定していくことは大変ではありますが、大きなやりがいや手応えにつながっています。

Keep Challenging!地道な努力で製造現場を支える。

高崎 伶太 富士ファイバーグラス株式会社 出向 2013年入社 工学部卒

入社動機について

専攻は電気でしたが、就職活動のスタート時は職種イメージがあまり明確ではありませんでした。そのため最初はさまざまな業種の企業を訪問し、自分が働くイメージを模索することから始めました。電気を核とした技術者といっても、企業によって仕事内容は多種多様です。また働き方も違います。就職活動を進めるなかで、私は自分がやりたいこと以上に、技術者を活かす環境について考えるようになりました。特定領域を何十年も深く追いかける技術者がいる一方で、幅広い技術領域を任される技術者もいる。私の資質は明らかに後者でした。日東紡を選んだのは、この資質が活かせると感じたからです。

現在の仕事について

入社後の配属は生産技術でした。与えられたテーマを必死にこなす日々で得た学びは、私の血肉となったと感じていましたが、一方で製品に対する知識不足、製造工程の理解不足は、私を袋小路に追い込みました。このままでは対症療法的な仕事しかできないという危機感を感じたのです。私は上司に「製造現場を勉強させてほしい」と願い出ました。現在は製造現場に異動し、実際に製造機械のオペレーターとともに汗をかき、製造工程の実際のオペレーションを体感しています。現在の業務は生産技術のキャリアを築く上では遠回りのようですが、製造現場で得る知識・経験は、今後技術者として成長するためには欠かせないものだと確信しています。

やりがいについて

現在のミッションは、生産計画に沿って製造機械を運転し、顧客ニーズに合致した多品種のグラスファイバー製品を製造することです。私はライン全体の製造条件変更や品質管理、また突発の不具合対応、改善提案等を担当しており、自らの仮説に基づいた製造テストも行っています。その際大切にしていることは、原理原則に基づいて考察することと、数値化して考えることの2点です。仮説が正しかったにせよ、間違いだったにせよ、結果に至った要因を考察し、ノウハウを客観的なデータとして残すよう心掛けながら業務に取り組んでいます。この日々の積み重ねが、技術者としての自分の成長につながっていると実感しています。

日東紡のオススメポイント

「Keep Challenging!」。これは日東紡社内でよく使われるフレーズです。私自身も、また多くの日東紡の技術者もそうであるように、年次やキャリアに関係なく重要な仕事を任されます。私は電気専攻でしたが、現在の仕事は主に機械系のスキルが求められ、私にとって大きなチャレンジです。今後、キャリアのステップアップとともに、化学系の知識も必要となってくるでしょう。また、電気系のスキルもさらなるブラッシュアップが必要です。技術者として乗り越えなければいけない「壁」が多いこと、そしてトライできる風土があることは、日東紡で働く技術者にとって大きな魅力だと思います。