「スゴイ」の紹介
グラスファイバーは、1300度以上の高温で溶融した原料を紡糸して製造しています。しかも、溶融炉は、一度動き出したら10年程度、24時間休むことなく動き続けるのです。過酷な条件に耐えうる溶融炉を作る責任と醍醐味は、まさに技術者冥利につきるといえるでしょう。

より高機能な製品を社会に。そのための生産技術を担う。

土井 靖貴 グラスファイバー事業部門 溶融技術グループ 2012年入社 機械工学科卒

入社動機について

専攻は機械なので、就職活動当初から生産技術に関わる仕事に就きたいと考えていました。しかし多くのメーカーが生産技術を求めているため、逆に選択肢の多さにとまどいを感じていました。日東紡との出会いは、大学のキャリアセンターに足を運んだ際に、偶然見つけたことがきっかけです。しかし企業研究を通じて知ったグラスファイバーの溶融炉に、一気に心奪われたのです。炉での溶融は、グラスファイバーのトップブランドである日東紡の優位性を根底で支える工程だけに、長い歴史のなかで培ってきた様々な独自技術が結集しており、私の興味は尽きませんでした。

現在の仕事について

溶融技術グループは、日東紡グループ全体の溶融炉の基礎研究・設計・施工管理、改善等を担っています。私は溶融炉を支えるために必要な鉄骨や付帯設備等の設計・施工管理に携わっています。溶融炉は一度稼働を始めたら、寿命まで止めることはできません。したがって、溶融炉を支える鉄骨の設計には慎重な強度計算が求められます。また温度による伸びや、経年劣化も考慮する必要があります。設計・施工でのミスが許されないという緊張感がありますが、一方でそれが大きなやりがいにもつながっています。現在は、設計・施工だけではなく、次期溶融炉設計に活かすためのシミュレーションソフトによる解析にも携わっています。

やりがいについて

入社2年目で新製品の製造テストプロジェクトへ参加できたことが、技術者として大きな財産となりました。研究所をはじめ多くの部署と連携し、研究所が作り上げた新製品が量産可能かどうかを図る重要なプロジェクトです。まだ入社2年目でしたが、そのプロジェクトの計画時から参加し、テスト期間の経過観察・問題点抽出・改善提案等、大切な領域を任されたのです。知識・経験はまだ万全ではなく、「失敗したらどうしよう」という不安感はありましたが、「不明点があったら何でも言ってこい」と相談を促してくれた先輩の言葉に励まされ、次第に「やってやろう」という想いへと変換していきました。

日東紡のオススメポイント

グラスファイバー製品の川上から川下を俯瞰して見た際、私たちが担う溶融炉は一工程にすぎません。だからこそ私たちは「設計」「施工」あるいは「機械」「電気」という狭い範囲で生産技術を捉えるのではなく、日東紡がより高機能な製品で社会に貢献するにはどうしたらいいのか、溶融炉あるいは生産技術は、そのために何ができるのかという「仕事の目的」を見据えることを重視しています。私のように入社して数年の人間が自然にそう思えるのですから、これが日東紡の「社風」だと思います。とはいえ、溶融炉に関する技術は奥が深いものです。仕事の目的を捉えつつ地道に知識・経験を積み重ねていきたいと思っています。