「スゴイ」の紹介
溶融炉は、日東紡内でも歴史ある伝統的な技術領域です。一方で、溶融炉内の状況など未解明な点があり、技術者として取り組む課題が無数にあることが大きな魅力です。例えば1%の省エネルギー化が実現できれば、大きな利益につながるのです。

国内で、そして海外で、グラスファイバーの未来を担う。

関根 大介 グラスファイバー事業部門 溶融技術グループ 2008年入社 工学研究科修了

入社動機について

学生時代に学んだ技術を活かす仕事は、生産技術だということは漠然と理解していました。私の周囲にいる学生の多くは、まずは重工業や自動車等の業種から志望企業を探していましたが、私はむしろ多くの機電系学生が最初にイメージしない業種とは何だろうと考えました。こうした業種のほうが任される仕事の領域が広く、与えられたテーマを粛々とこなすのではなく、能動的に仕事に取り組めるのではないかというのが、私の仮説でした。この視点で企業選びを行うなか出会ったのが、素材メーカーである日東紡です。今までに経験した業務を振り返ると、私の仮説に間違いはなかったと感じます。

現在の仕事について

入社以来、溶融炉に関する一通りの技術分野を担当しました。現在は主に溶融炉を安定稼働させるための制御システムの設計・施工管理を担当しています。高品質のグラスファイバーを作るためには、溶融炉内の環境や条件を厳しく管理する必要があります。制御システムは、その環境を維持管理するために必要な温度、圧力等の測定器、そのデータを収集し制御するコンピュータ、コンピュータから指令を受けて動くバルブやコンベアなどの制御機器から構成されています。しかし高温の溶融炉内は計測不可能な要素も多く、数少ないヒントを基にいかに正しく制御していくかが技術者の腕の見せ所となります。

やりがいについて

溶融炉は10年程度の稼働を経て作り直されます。このことを「冷修」と呼びます。これは設計開始から工事完了までに、約2年の時を要す重要なプロジェクトです。そして溶融炉に携わる者にとって「冷修」は、技術者魂を揺さぶる仕事の一つでもあります。私は入社6年目に、この業務を担当することができました。「冷修」は単なる設備更新ではなく、その時点での最新技術を結集した「最先端溶融炉」にしなければ意味がありません。設計から施工管理まで携わる中で、日東紡、そして自分自身の積み重ねてきたノウハウを詰め込んだ設備が、設置後10年程度の間休みなく稼働を続けること、またそこから生み出される製品が社会に貢献していくことを思うと、非常に大きなやりがいを感じました。

日東紡のオススメポイント

日東紡のグラスファイバーは、国内だけでなく海外工場でも生産されています。海外の設備においても、技術の要諦には、私たちの部署が深く関わっています。海外生産をバックアップするために、最近は私も海外出張の機会が増えてきました。工場立ち上げ時や、システムの改変時は数週間現地に滞在します。海外で国内同様の技術を構築していく手応えを感じることができるのも日東紡らしさかもしれません。また、日東紡には、職人技を持つベテラン、先端技術を研究する技術者など人材が豊富で、学ぶべき点が多数あります。加えてチームワークが良く、チームが一丸となって強さを発揮するのもまた日東紡らしさだと思います。