照内洋子 環境・ヘルス事業部門 ニットーボーメディカル(株) スペシャリティケミカルス事業部 営業開発グループ 2007年入社 理学研究科修了 社会に貢献する製品を、自分の手で創り上げたい

子どもの時から実験が大好き。

日東紡ならではの技術をさらに発展させ、医療に貢献する製品開発につなげる評価法の確立

日東紡の染料固着剤やインク定着剤、樹脂硬化剤などに幅広く利用されている「水溶性高分子」の研究を行っています。最新の研究開発部門でこれまで性能を評価する方法が一定ではありませんでしたから、基準となる用途性能評価法を確立することが私に与えられた仕事です。データから得られる情報が一目瞭然になり、結果を素早く比較検討できるようになります。そこから高性能の高分子を作製し、商品開発につなげていきます。大学では理学研究科で生化学の研究を行っていました。今の仕事とは全く別物に見えるかもしれませんが、水溶性高分子がバイオ系の分野に利用されている例もあります。生化学の知識を現在の仕事に取り入れて新たな用途開発へとつなげていきたいと考えています。

新人でも責任ある仕事ができる――アドバイスの後、じっと見守り育ててくれる環境に感謝

大きなテーマに沿って、いくつかの課題を解決していく日々です。思うように目的とするものができなかったり、考えていたような性能が現れなかったりして、落ち込むこともあります。上手くいけばもちろん嬉しいですが、それまで時間がかかっていた工程を少しずつ早くできるようになったことを実感するときは更なる喜びがあります。私達は研究室を離れお客様との打ち合わせに同行することもありますが、直接ユーザーの話を伺うと「お客様の要望にどうこたえるか」、「これから何が重要か」など考えさせられることばかりでした。自分が研究していることと社会のつながりが実感でき、とても刺激を受けました。今まで以上に知識を深め、見聞を広めて、研究に生かせるようにしていきたいと思っています。

希望通りの研究職――多様な分野の研究に女性の視点を生かしたい

小学生の時から理科の実験が大好きでしたから、現在の研究職は希望通りの道です。決まりきった世界ではなく、自分の頭で考え仮説を立て検証する。その流れの中にも、工学や理学の分野からコストの問題まで、様々な分野と関われることが研究の魅力だと感じています。女性の研究職は今後もっと活躍の場が広がるでしょう。独立した女性が増えている今日、家庭用品以外の製品開発でも、女性の視点が求められています。多角的なものの見方や柔軟性が重要なのは、男女問いません。そのためには勉強だけではなく、さまざまな方面に興味を持ってアンテナを張っておくことも大事だと思います。