小川拓也 繊維事業部門 (株)日東紡インターライニング 華やかなアパレル業界を支えるのは私たちの技術

業界をリードする商品を世の中に

アパレル業界で高い評価を受ける、接着芯地と二層構造糸

繊維事業で当社が特に強みを持つのは、接着芯地と二層構造糸の2分野です。接着芯地はシャツやスーツ、コートなどの表地に貼り合わせることによって、文字通り“芯”となって衣料のシルエットを保つ特殊な布です。芯地用の生地を解反して、糊を抜き、染色、整理加工を行い、最後に、表地に貼り合わせるのに必要な接着剤をドットコーティングして完成。表地に重ね合わせた状態で加熱すると、この接着剤が溶けて表地と芯地がぴったり接着されます。ドットのパターンは服の種類や生地の厚さ・種類によって異なり、たとえば、柔らかなシルエットを大切にしたい婦人服の場合には、ドットの間隔を大きくとることが求められます。しかし、そこでうまく接着されなければ、芯地として機能しなくなります。また、逆に薄い表地から接着剤がしみ出すようなことがあれば、商品になりません。当社のこの分野における一番の優位点は、精密なドットパターンの設計や樹脂改良の技術力です。お客様のデザインニーズに応えつつも、しっかり機能する接着芯地を提供しています。婦人服分野のシェアはNo.1です。もうひとつの二層構造糸は、芯に使われるポリウレタンをシース(鞘)素材で完全にカバーするという特殊な構造をもっています。直接肌に触れる部分は、シース素材100%で、肌触り抜群です。特にC・S・Y(R)は、織物ではカジュアルからエレガンス、トップスからボトムスまで、編物ではインナー、アウター、スポーツなどのあらゆる用途で活躍。繊維製品にストレッチ性能を付加し、心地よいフィット感を実現。欧米のアパレルメーカーからも高い評価を受けています。

お客様の要望にできる限り早く対応する

接着芯地の場合は、お客様のニーズに合わせて開発する製品なので、表地をお預かりして開発を進めることになります。現在は各アパレルメーカーの縫製拠点が中国から東南アジアにも移っており、スケジュール確保のため、できる限り早くお客様のニーズに合った接着芯地を開発することが求められます。注文を受けてから芯地用の生地を仕入れたのでは間に合わないので、お客様や工場と情報共有をしっかり行った上で、計画的に在庫を持つようにしています。代理店にも日々お伺いして、販売促進に必要な情報(在庫、新商品紹介、納期、価格etc)をもとに打ち合わせを行います。代理店がアパレルメーカーに対して行う営業活動を支援するのも私の役目です。サンプルやパンフレットなどを提供して、営業に役立てていただく他に、一緒にアパレルメーカーを訪問して営業を行うこともあります。

ユニフォーム市場を開拓、洗濯ではがれない接着芯地を開発

私が今、力を入れて取り組んでいるのは、ユニフォーム市場の開拓です。鉄道、航空、医療・介護、レストラン、サービスなど、さまざまな業界でユニフォームが活用されていますが、いずれもパリッとして型くずれしないことが求められ、接着芯地の特長を活かせます。具体的にアプローチしているのは医師、看護師の白衣です。白衣は衛生上1日着れば、必ず洗濯します。年間にすれば、非常に多くの回数となります。それだけの回数洗っても、はがれたりしない強力な接着芯地が求められ、ニーズに応えられる製品の開発に取り組んでいるところです。今後、国内人口の減少にともない、一般のアパレル市場は縮小することが考えられますが、医療・介護分野で働く方は今よりもっと増える可能性があります。私たちの事業を永続的に成長させていくためにも、この市場での実績をつくることは重要です。業界を引っ張っていけるような商品をどんどん世に送り出していきたいです。