愛宕ゴルフ練習場利用約款

(約款の適用)
第一条 愛宕ゴルフ練習場(以下、「当練習場」という)を利用される方は、本約款にしたがってご利用願います。
(利用契約の成立)
第二条 当練習場の施設を利用される方は、フロントで所定の手続きをしていただき、これによって当練習場はお客様の施設利用をお引受け致します。
(施設利用の拒絶)
第三条 当練習場は次の各号のいずれかに該当する場合は施設の利用をお断りすることがあります。
  1. 打席が満席で順番待ちのお客様がいる場合
  2. 天災その他やむを得ない事情により、練習場をクローズするとき
  3. 利用者が公の秩序もしくは善良な風俗に反する行為をなす恐れがあると認められるとき
  4. 利用者が暴力団員又は、暴力団関係者である場合
  5. 利用者が、暴力団員を同伴した場合における利用者及びその同伴者
  6. 泥酔、覚せい剤使用の場合
  7. 刃物、危険物等を所持している場合
  8. ルール・マナーに著しく反する行為をし、警告を無視して改めない方
  9. その他、本約款に違反した場合
(休場日、開場時間)
第四条 当練習場の休場日及び開場時間については、当練習場が別に定めたところによります。ただし、臨時的に変更する事があります。
(金銭その他貴重品、携帯品)
第五条 携帯品等は、ご自身で管理していただきます。当練習場は、打席、ロビーその他の場所の如何を問わず、携帯品の紛失・盗難・滅失・毀損について一切の責任を負いません。
(自動車及び自動車内の携帯品等の事故責任)
第六条 当練習場が提供している駐車場で自動車及び自動車内の携帯品の盗難又は損傷等の事故について当練習場は一切の責任を負いかねます。
(危険防止及び事故防止のための利用規約)
第七条 当練習場では、楽しく安全に練習してもらえるよう、次に掲げる禁止事項及び注意を定めています。お客様は必ず遵守して下さい。

<禁止事項>
  1. 指定打席以外での練習
  2. プレーヤー以外の方の打席ゾーンの立ち入り
  3. 友人、知人、またはいかなる関係者であっても、当練習場所属ティーチングスタッフ以外の方による打席レッスン
  4. 通路等打席以外での素振り
  5. 打席マット、打席間仕切りの移動
  6. ボールがティー前方に転がった場合、危険ですから拾わないで下さい
  7. フェアウェーへの立ち入り
  8. 第二条の手続きをされていないお客様の練習
  9. 泥酔状態での練習
  10. 写真撮影、録音等の行為(特に許可する場合を除く)

<注意事項>
  1. エチケット、マナーを守って下さい
  2. 前後の打席に充分ご注意下さい。特にティーアップ機のボールピットにボール入れる際は前方打席に注意して下さい
  3. 幼児、小さいお子様の練習場内へのご入場はご遠慮下さい
(事故の責任)
第八条 練習される方が、練習にあたって第三者に損害・物品破損その他の損害を発生させ、又はご自身がこれらの被害を受けても、当練習場は一切の責任を負いません。
(強風、雷、異常気象時の注意事項)
第九条 強風、雷、異常気象などの際は、プレー(練習)を中断し、係員の指示に従って下さい。
(火気の使用についての注意事項)
第十条 所定の場所以外での喫煙は禁止します。また歩きながらの喫煙も禁止します。
(施設に与えた損害)
第十一条 利用者が、故意又は過失によって当練習場の施設に損害を与えたときは、利用者にその損害を賠償していただきます。
(持込み品の禁止)
第十二条 施設内へは、次の各号に揚げる物品の持込をお断りいたします。
  1. ペットを含む動物
  2. 悪臭又は騒音を発するもの
  3. 銃砲刀剣類
  4. 発火又は爆発の恐れのあるもの
  5. その他、他人に迷惑を及ぼす物品
(行為の禁止)
第十三条 施設内では、次の各号に揚げる行為はお断りいたします。
  1. 賭博その他風紀を乱す行為
  2. 物品販売及び広告宣伝行為
  3. 他人に迷惑を及ぼしたり、不快感を与える行為
  4. 特に許可を得た者以外のフェアウェー内立入り
(利用約款違反の責任)
第十四条 利用者がこの約款に違反し、第三者に人的または物的損害を与えたとき、又は利用者が被害を受けたときも、当練習場は一切その責任を負いません。
(個人情報の取扱いについて)
第一五条
・当練習場が取得します個人情報は、当練習場の営業情報・イベント告知などのご案内のため利用致します。
・当練習場は、取得しました個人情報に必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
(付  則)
この利用約款は、利用者が来場したときから効力を発生し、施設の利用を終了したときまで効力を有するものとします。又、この約款は必要に応じ改定することがあります。


愛宕カードご利用約款

第一条(目的)
本約款は、愛宕ゴルフガーデン(以下「当センター」といいます。)が発行し、金銭的価値を証する入金登録機能(以下「チャージ」といいます。)を付加した「愛宕カード」(以下「カード」といいます。)の利用条件を規定するものです。当センター所定の入会手続きを経てカードを所持されている会員(以下「お客様」といいます。) は、本約款によりお取引していただくものとします。なお、カード利用に付随して当センターが付与するポイントサービスについては、本約款で定める規約が適用されます。申込の時点で18歳未満の方は、申込に親権者の同意が必要となります。
第二条(カードへの入金)
(1)お客様は、当センターのフロントにて、現金をカードに入金(以下「チャージ」という)することによりカードをご利用いただくことが可能となります。
(2)お客様が1回にチャージできる単位は、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円、30,000円です。お客様がチャージされたとき、当センターは、入金された金額を当センターのサーバーに記録するとともに、お客様のカードに入金金額を記録します。その際、当センター所定のプレミアム(割増金)をお客様の入金金額に応じ自動的に付与し、その金額をカード上に併記して記録します。
(3)カードにチャージしてご利用できる利用可能額の限度は、プレミアムも含め80,000円です。
第三条(カードの利用)
(1)当センターにおいて、カードにチャージされた金額及び付与されたプレミアム金額の範囲内で、入場料、打球料、バンカー使用料、レンタルクラブ使用料、スクール受講料のお支払にご利用いただくことができます。
(2)当センター入場の際は、当センターフロントにカードをご提示下さい。
(3)カードにてお支払いただいた消費額に応じて、当センター所定のポイントを付与致します。
ポイントの交換単位は、100ポイント(100円)と致します。
第四条(ご利用可能残高の確認)
カードの利用可能残高は、当センターフロントにてご確認下さい。
第五条(カードをご利用できない場合、制限責任)
次の場合、カードをご利用いただけないことがあります。
カードがご利用できないことにより、お客様に不利益及び損害が生じた場合でも、当センターは、一切の責任を負いません。
(1)カードの破損、端末機の故障、通信設備及び回線の故障、停電、コンピュータ設備の異常並びにシステムの一部又は全部をメンテナンスにより休止とする場合等により、当センターでカードの記録を読取ること、若しくは確認することができないとき。
(2)当センターが、第三条第(1)項で指定した以外の商品、サービスのお支払をされるとき。
(3)カードが違法、又は不正に取得されたものであるとき。
(4)カードが偽造、変造、又は不正に作成されたものであるとき。
第六条(力一ドの破損等)
カードの変形、破損によってカード記録の読取りができなくなった場合、当センターは、当センター所定の方法でお客様からカードを提出していただくことにより、当センター所定の発行手数料(500円:税込)をいただいたうえで、お客様の身分証明書によるご本人様ご確認の上、再発行を致します。前項のカードのご利用可能額は、当センターのサーバーの残額記録金額とします。カードの変形、変造がお客様の故意によるものと認められる場合、当センターは、カードの再発行を致しません。
第七条(第三者利用の免責)
お客様のカードをお客様以外の第三者が利用した結果、お客様に生じた損害について、当センターは、その責を負いません。
第八条(紛失・盗難の免責及び取扱い)
(1)お客様が、カードを紛失又は盗難等された場合、当センターは、ご利用金額の払戻しはいたしません。また、当該カードが後日発見され、この間に第三者に利用された場合、又はその他お客様に何らかの損害が生じた場合でも、当センターはその責を負いません。
(2)お客様が、カードを紛失又は盗難等された場合、お客様の申し出により当該カードの利用停止の手続きを行います。
但し、お客様の申し出から当センターが利用停止するまでの間、第三者に利用された場合、又はその他お客様に何らかの損害が生じた場合、当センターはその責を負いません。
(3)カードの利用停止後、お客様より再発行の申し出があった場合、当センター所定の発行手数料をいただいたうえで、お客様の身分証明書によるご本人様ご確認の上、再発行を致します。
(4)第(3)項のご利用可能額は、当センターのサーバー残額記録金額とします。
第九条(換金の禁止)
カードの残高は、現金とお引き換えできません。
第十条(有効期限)
(1)カードの有効期限は、当センター最終ご利用日から3年間とします。
(2)カード有効期限経過後は、カードをご利用いただくことはできません。
第十一条(カード利用資格の喪失)
第十条にかかわらず、お客様が次の何れかに該当する場合、当センターの判断によりカード利用の資格を取り消すことができるものとします。この場合、当センターは、事前の通知催告を要せず、お客様によるカードの利用を直ちに中止させていただきます。
  1. カードを偽造、変造、若しくは改ざんした場合
  2. カードを不正に使用、利用した場合
  3. 申込書等に記載した事項が、事実と異なる場合
  4. お客様が、本約款に違反した場合
  5. 上記に準ずる行為があり、お客様として不適格と当センターが判断した場合
第十二条(カードの終了)
(1)当センターは、社会情勢の変化、法令の改廃、その他当センターの都合等によりカードの取扱いを中断、若しくは終了する場合があります。その場合、お客様に事前に通知、又は周知の措置をとるものとします。
(2)前項の場合、お客様は、当センターの定める方法により、カード残高の払戻しを当センターに求めることができるものとします。
但し、当センターが前項の通知を行ってから1年を経過した場合、お客様は、当該払戻し請求権を放棄したものとみなされることを異議なく承諾するものとします。
(3)第(2)項の払戻しは、第十条記載の有効期限内のカードを対象とし、払戻し金額は、当センターのサーバーの残額記録とします。但し、プレミアム金額は、払戻しの対象外となります。
第十三条(個人情報の取扱い)
(1)当センターは、カードの運用に関連して取得したお客様の個人情報を本条第(2)項に定める利用目的にのみ利用し、お客様の同意なく、第三者への提供、公開は致しません。
(2)お客様の個人情報の利用目的は、次のとおりです。
  1. 当センターからのサービス案内
  2. カード発行、発行の管理、利用状況の確認、その他これらに関連する業務
  3. カード利用状況について統計的管理
  4. 本約款に基づきカードの再発行
  5. 盗難等における残金保護と再発行
  6. その他カードに関する管理及び運営
  7. 会員本人様の確認、あるいは会員本人様へのご連絡
(3)当センターは、本条項を従業員に周知徹底する事により、個人情報を適切に取得、利用、提供、管理致します。
(4)取得した個人情報については、適切な安全処置を講じることにより、個人情報の漏洩、紛失または棄損の防止及び個人情報への不正アクセスを防止することに努めます。
第十四条(取扱いの変更)
カードの取扱いについて、本約款を変更する場合、当センターは3ヶ月の期間をおいて周知の方法をとるものとし、予告期間経過後は、は、変更された約款を適用致します。
第十五条(管轄裁判所)
本約款に基づくお取引に関し、万一お客様と当センターとの間に紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第十六条(金券の特約)
当センター所定のディスカウントチケットをお客様が持参された場合は、カードに移行致します。
附則 2009年より適用。