IRポリシー

(1)コーポレート・コミュニケーション部担当執行役を株主との対話全般に目配りを行う責任者とし、それを補助する社内担当部署をコーポレート・コミュニケーション部としている。当社は、当該執行役を中心として、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するための株主との対話の機会を持つよう努めている。また、コーポレート・コミュニケーション部を中心にIR活動に関連する部署は、日常的な部署間の連携を図っている。

(2)当社グループのお客さま・株主・投資家のみなさまが当社グループの実態を正確に認識・判断できるように、継続して、適時・適切な情報開示に努めている。そのために、情報開示に関する関係法令及び証券取引所規則等を遵守するとともに、適切な情報開示体制の構築・運用に取り組んでいる。

(ア)国内外の関係法令及び証券取引所規則等で開示が定められている項目については、事業報告・有価証券報告書・株主通信への掲載や、証券取引所の情報伝達システム・プレスリリースでの発表等をしている。

(イ)開示する情報は、原則として当社グループのホームページにも掲載するほか、より公平かつ広範な情報開示を行えるように努めている。

(ウ)アナリスト・機関投資家向けの説明会を、本決算と半期決算の決算発表後速やかに実施している。

(3)株主・投資家のみなさまとの対話等を通じて把握した当社への意見・懸念等については、コーポレート・コミュニケーション部で集約し、コーポレート・コミュニケーション部担当執行役に報告するとともに、必要に応じて執行会議等で報告するなどして、経営陣幹部や取締役会に適切にフィードバックしている。

(4)なお、当社グループへの個別の問い合わせや対話においては、インサイダー情報に十分に留意し、既に公開された情報や周知となった事実に限定して説明している。

免責事項

 日東紡は、「日東紡ウェブサイト」をご利用されたことによりお客様に生じたいかなる損害(直接損害・間接損害を問わない)についても何ら責任を負いません。「日東紡ウェブサイト」をご利用の場合には、下記およびご利用条件を十分にご理解ください。

(1)「日東紡ウェブサイト」に記載される情報には、日東紡およびグループ各社の業績に関する予測値および事業計画等が含まれます。これらの記載は種々の前提に基づくものであり、将来の業績数値や施策の実現を確約・保証するものではありません。

(2)「日東紡ウェブサイト」は日東紡の財務、経営情報をご理解いただくためのものであり、投資勧誘を意味するものではありません。投資に関する決定はお客様ご自身のご判断で行われるようお願い致します。

(3)「日東紡ウェブサイト」の記載には細心の注意を払っておりますが、記載情報の誤りや第三者によるデータの改ざん等によって生じた障害等に関しましては、日東紡は一切責任を負いません。