限りない可能性を追求し、ガラス繊維メーカーのトップを走り続けるグラスファイバー事業。
日東紡
お問い合わせ サイトマップ English サイト内検索
事業紹介 企業情報 IR情報 採用情報 環境への取り組み

HOME > 国際プラスチックフェア出展のお知らせ
国際プラスチックフェア

 日東紡は、プラスチック・ゴムに関する原材料・成形加工機・周辺機器・製品・リサイクル及び工場設備関連機器を集めたプラスチック関係総合展示会「国際プラスチックフェア IPF JAPAN 2017」に出展いたします。


会  期 2017年10月24日~10月28日 5日間
開場時間 10:00~17:00(最終日 16:00)
会  場 幕張メッセ  ≫ アクセス
当社ブース 第5ホール 小間位置 51002
IPFホームページ http://www.ipfjapan.jp/


 近年、軽量化・機能化のキー・テクノロジーとして、樹脂・複合材が、自動車、電気/電子等 様々な分野で積極的に使用されるようになってまいりました。急速な技術開発を背景に、その使用用途および使用量はさらに拡大の一途をたどるものと思われます。
 その中で、グラスファイバーは主に樹脂の補強素材として扱われますが、本来持つ特性が充分に活用されているとはいえない状況です。
 耐衝撃強度、遮音性、電気絶縁性、電波透過性、透明性、不燃性、断熱性、防音性、樹脂との密着力制御性、織の多様性などは、従来使われてきている金属、樹脂、繊維が単独では実現出来ない特性であり、これらの特性を活かせば、「FRPによる軽量化」はもちろん「部材サイズ縮小化」「安全性向上」など、従来の発想とは異なる様々な付加価値を産み出す事が出来ます。
 IPF JAPAN 2017にて日東紡は、 『技術課題を持つエンジニアへのSolution提供』を念頭に置き、グラスファイバーのトータルソリューションカンパニーとして「軽くて、強く、安心」なグラスファイバーの様々な可能性をご紹介いたします。


日東紡セミナー開催及び展示内容のご紹介 in IPF JAPAN 2017

■日東紡セミナー開催

日時:10月26日(木) 15:00~15:30
場所:Hall1 セミナー会場C
題目:複合材料特性とガラス繊維 ~ガラス組成、繊維形状、表面処理でこんなに変わる材料特性~

■トータルソリューションカンパニーとして日東紡のご紹介

グラスファイバー素材そのもののみでなく、お客様と一体となった技術開発を進める日東紡の体制を紹介します。

■グラスファイバーソリューションのご紹介

大型ディスプレイ、パネル、成形品サンプルにて、様々なグラフファイバーの特性を生かした商材並びに技術データと実用例、適応できる成型・加工などをご紹介します。
主な展示商材:
-衝撃特性に優れ自動車構造部材への用途を期待できる高強度グラフファイバー:HMEガラス
-高周波​電子部品、例えばアンテナやレーダー等の信頼性・品質向上が期待できる低誘電グラスファイバー : NEガラス
-寸法安定性に優れPC/スマホ等への用途を期待できる異形断面グラスファイバー : フラットファイバー(FF)

■アプリケーションのご紹介

現在 グラスファイバーが適用されているアプリケーション、また未来の自動車へ期待されるグラスファイバー展開を紹介します。

自動車関連、産業資材関連、PC/スマートフォン関連


【弊社ブースへお越しのご予定のお客様へ】

弊社担当がご対応させていただきますので、事前に下記必要事項をメールにてお知らせいただければ誠に幸いです。
ご来場 お待ちしております。

メールはこちらから
FRP-INFO@nittobogrp.com
FRTP-INFO@nittobogrp.com

貴社名
お名前
部署・役職
TEL/E-Mail
ご来場予定日時( 月/日/時 ) ※10時~17時まで開催しております(最終日は 16時まで)。
お客様の課題/日東紡へのご質問等ございましたら、なんなりとご記入ください。

このページの上部へ
日東紡 Copyright (C) Nitto Boseki Co., Ltd. All Rights Reserved.