ここからコンテンツです。
グラスファイバー製ロールスクリーン生地

■高い品質のブラインド生地
■超広幅が可能
■高遮熱品、遮光品の省エネ製品
■多くの採用実績
■メンテナンスが容易
■抗菌仕様も可能
■縦型ルーバーも可能
■屋外での使用や暗幕加工も可能




高品質のロールスクリーン生地
 ヴェールスクリーンは、グラスファイバーをPVCでコーティングしたロールブラインドの生地です。お客様のニーズに合わせた織り方の組合せにより、シンプルかつ多彩な意匠を実現できます。
オフィス・公共施設・ホテル・店舗のエントランスや部屋の窓からご家庭まで、窓の空間ニーズに対応した演出ができ、抜群の寸法安定性を活かし大開口にも対応可能です。
>>>ロールスクリーンについて、さらに詳しく



高い品質のブラインド生地

日東紡はグラスファイバーのパイオニアです。1938年に世界に先駆けて商業ベースのグラスファイバーを製造してから今日まで、様々な分野でグラスファイバーの有用性を活用した製品を造りつづけています。そのひとつがヴェールスクリーンです。
ヴェールスクリーンは、原料であるガラス繊維糸から生地まで、全てを自社で一貫生産しており、全工程に対する厳密な品質管理は、高次元で安定した品質をお届けしています。均一にコーティングしたグラスファイバー糸で生産されるため、生地も均質でカール(曲がり)やフレア(波打ち)が少なく、フラットなものができ、また横糸の目曲がりも比較的小さくなるように管理しています。
▲カールやフレア、目曲がりの少ない品質を実現しました。

▲ヴェールスクリーンは、色と織り方の組合せにより、多様なインテリアスペースのニーズに対応します。



超広幅が可能

最大幅4メートルまで対応出来ますので、ジョイントのない1枚物の巨大なスクリーンが可能です。また、広幅にすることでメカの台数が減り、結果としてコストダウンにつながる場合もあります。溶着(超音波・高周波によるウェルダー溶着)による2次加工を用いた場合は、さらに大型のスクリーンが可能となります
可能幅 WL5011タイプ;4.0m,WL5092タイプ;3.6m
左施工例;『大阪ヒルトンプラザ』
ヴェールスクリーン1台の幅が4m、高さ40mの広幅タイプです。



省エネ製品

ヴェールスクリーンは日射をコントロールすることにより、冷暖房効果を高めます。また、冷暖房のコストを削減し、CO2の発生も減少させます。
表:日射遮蔽に関する数値例

>>>光学的性能・熱的性能についてさらに詳しく



多くの採用実績

高い品質は、多くの施主・設計事務所・建設会社様に支持をいただき、ブラインドメーカー様を通じて、数々の著名物件にご採用いただいております。



メンテナンスが容易

汚れても、簡単に拭き取ることが可能です。
レストランや喫茶店、コンビニエンスストアの窓に。ご家庭ではキッチンの窓にも最適です。
▲ケチャップの拭き取り試験



縦型ルーバー(バーチカル)にも使用可

ヴェールスクリーンはグラスファイバー製の特性を活かし、従来のたて型ブラインドに比べ、低ネジレ性を実現しました。高い窓にもお使い頂けます。
※WL5011タイプでは、幅10cm×高さ6m品で、ネジレが5°以内に納まります。



暗幕加工も可能

ヴェールスクリーン生地のデザイン性をそのままに、暗幕として使用することができます。
※最大幅は2.5m(通常品は2.0m)です。
特 長
・完全暗膜で隙間からの光漏れがほとんどありません。
・生地は5色以上、更に数量により特注色も可能です。
・手動・電動双方が可能です。
・大開口、垂直、水平、斜面にも施工できます。
・防炎認定品。低ホルムアルデヒド仕様品です。
・ほとんどの汚れは拭き取り可能です。
施 工
完全暗膜にするにはファスナー工法が適しています。
用 途
ホテルの客室、多目的ホール、会議室、体育館、室内プール、マンションなどにご採用頂いております。



規格・仕様

品 番
WL5011
WL5092
WL5058
WL5525
生地柄
平織
綾織
グループ織
平織
生地厚み(mm)
0.44
0.56
0.56
0.40
質量(g/m2
420
491
336
359
引張強度
(N/25mm)
タテ
760
1,075
1,098
643
ヨコ
853
847
467
665
引裂強度
(N)
タテ
53
89
187
44
ヨコ
54
60
46
39
日本防炎協会認定番号
BT-940054
BT-940053
BT-910058
BT-980063
耐光堅牢度
4級以上
4級以上
4級以上
4級以上
遮光率(%)
85.8
93.6
67.8
84.8


COPYRIGHT NITTOBO INCORPORATED. ALL RIGHT RESERVED.