ここからコンテンツです。

フィルターバグの使用目的は、公害防止、労働環境の改善、セメント・化学工業などの工場から排出される有価粉体の回収等があります。その心臓部ともいえる濾布は集塵効率が高く、コストが低廉であることが必要とされています。
中でもガラスフィルターバグは、他の合成繊維のものと比較すると、耐熱、耐蝕、化学的安定性に優れています。
テキストグラス®フィルターバグクロスは、多種の織り組織、処理を取り揃え、各種ご要望にお答え致します。

■代表的処理

処理名 処理の特性
トライテンプ
TRITEMP®2
最も広く使用されている処理で、高温ガス中においても
1. 柔軟性があり連続使用が可能です。
2. ダスト剥離性工場処理です。
ST-4A 耐酸性、耐薬品性を負荷した処理です。
埼玉県東部清掃組合第一工場
ごみ処理施設

■各種濾布の特性

項目
素材
繊維の特性 濾布の特性
引張強さ g/d 伸び率 % 比重 - 耐酸性 耐アルカリ性 最高 使用温度
E-ガラス 4.0~5.5 3~4 2.54 280℃
テフロン 1.0~2.5 25~50 2.1 250℃
アラミド 4.5~5.5 35~50 1.38 200℃
ポリエステル 4.3~6.0 20~32 1.38 140℃
アクリル 3.2~5.0 12~20 1.14 140℃
ナイロン-6.6 5.3~6.4 28~38 1.14 × 140℃

※上記の値は、標準時での参考値で保証値ではありません。

■規格(標準)

製品記号 組織 厚さ
mm

mm
質量
g/m2
密度
(本/25mm)
引張強さ
(N/25mm)
長さ
m
通気度
cm3/cm2
/sec
タテ ヨコ タテ ヨコ
KS4155/
TRITEMP®2
0.42 965 485 41 30 >2400 >2400 100 32.0
KS4325/
ST-4A
二重 0.85 1170 880 48 48 >2200 >1700 61.5 10.0

COPYRIGHT NITTOBO INCORPORATED. ALL RIGHT RESERVED.