NEXT GREEN
ここからコンテンツです。

NEXT GREENの特徴

確かな栽培能力

NEXT GREENで使用しているロックウールは世界中の植物工場で40年以上培地として
使用されているgrodan®のロックウールを使用しております。
ロックウールはその水の拡散性能を活かして、植物の生育に適した根域環境を作り出します。


軽量化を実現

芝システムの重量は60㎏/㎡以下の為、新築及び新耐震基準対応の既設建築物にも
施工可能です。

多植栽システムは、高さ2mまでの木を150mmの厚みの培地で栽培可能です。

人工軽量土壌システムとNEXT GREEN(多植栽)の重量比較

短工期

ロックウールは乾燥時の比重が0.2以下なので、荷揚げ、施工の時間を短縮できます。
例えば、低木を植える場合、人工軽量土壌を使う場合の50%以下の作業時間で、
ロックウール培地を敷設することが可能です。(当社調べ)

人工軽量土壌システムとNEXT GREENの培地敷設にかかる時間の比較

省管理

芝システムは、肥料の量を抑え芝の成長を遅らせることで芝刈り回数を削減できます。

人工軽量土壌システムとNEXT GREEN(抑制栽培時)の芝の生育スピードの比較

省管理システムは、刈込回数や雑草除去を年1回にまで削減可能です。
それにより年間管理コストを芝システムに比べて1/20以下に削減可能です。

他社芝システムとNEXT GREEN(省管理・耐乾)との管理コストの比較

自由度な設計

ロックウールは現場で特殊な工具を使わずに切断できるため、円形などの多様なデザインに
対応可能です。
また狭小地への緑化も可能です。

多様な形状に対応した緑化
多様な形状に対応した緑化

風対策

自社による風洞試験で得たパラメーターから、NEXT GREENに発生する風荷重を物件ごとに
算出可能です。
また風荷重とNEXT GREENが保持する風への耐力を比較した資料も提出いたします。

風洞試験の様子
風洞試験の様子

多様な植栽対応

屋上緑化でよく使用される植物がNEXT GREENシステムでも生育することを1年以上の
栽培試験で検証済みです。
栽培可能植物種は植物一覧をご参照ください。

多植栽システム(中木薄層 厚み150mm) 省管理システム(マツバギク)

COPYRIGHT NITTOBO INCORPORATED. ALL RIGHT RESERVED.