グラスファイバーとは

製造方法

グラスファイバー製造は1300℃以上という高温で溶融紡糸が行われるのが特徴です。ガラスは高温度溶融化された状態では非常に活性で、溶融炉、紡糸炉等も高価な白金系の材料を使用し、温度制御等も高温度下で非常に精密なコントロール技術が必要とされます。

原繊加工工程図
事業紹介
繊維
グラスファイバー
メディカル
環境・ヘルス
その他