グラスファイバーとは

成形法│FRPの成形法

引抜成形

引抜(Pultrusion)成形は、強化基材に樹脂を含浸させ金型に引き込み、型内で所定の断面形状に硬化させ、引抜き装置で連続または間欠的に引抜いて所定の長さに切断し、同断面の成形品が長尺で得られます。

長所 連続した同断面の成形に適している
大量生産に適している
強化基材を切断しないので強度特性に優れている
短所 多品種少量生産には向かない
設備投資が大きい
用途例 ロッド、パイプ等
引抜成形に
適したガラス基材
事業紹介
繊維
グラスファイバー
メディカル
環境・ヘルス
その他