グラスファイバーとは

成形法│FRPの成形法

連続積層成形

連続積層成形は、樹脂を下部被覆フィルム上に定量均一塗布し、その上にロービングを連続的にカットして均一に降らせながら樹脂を含浸させ、フィルムで上部を被覆し賦形治具を通しながら加熱炉で連続的に硬化させる成形方法です。

長所 連続成形のため、生産性が良い
ガラス含有量や厚みが成形中に調整可能
機械成形であるため品質が安定する
短所 多品種少量生産には向かない
設備投資が大きい
用途例 波板・平板等
連続積層成形に
適したガラス基材
事業紹介
繊維
グラスファイバー
メディカル
環境・ヘルス
その他