グラスファイバーとは

成形法│FRPの成形法

インフュージョン成形

インフュージョン(Infusion)成形は、上型にフイルムを使用し下型とフイルムの気密性を保ち、真空圧によって樹脂充填、含浸させるクローズドモールド成形法で、樹脂の流れが目で確認できます。汚れない、匂いのない作業性のよい成形法で、大型成形品、厚物成形品に適しており、ハンドレイアップ成形法スプレーアップ成形法RTM成形法からの転換が図れる成形法です。

長所 高強度(高繊維含有量)の成形品が得られる
作業環境が良い
アンダーカット製品が成形可能
設備投資が少ない
短所 大量生産に向かない
フイルム等の廃材が発生する
成形技能の習熟が必要
用途例 風力発電用ブレード、舟艇等
インフュージョン成形に
適したガラス基材
事業紹介
繊維
グラスファイバー
メディカル
環境・ヘルス
その他