グラスファイバーとは

成形法│FRPの成形法

ハンドレイアップ成形

ハンドレイアップ成形は、成形型に強化基材をあらかじめ賦形(ふけい)させ、人手によって樹脂をハケやローラーで含浸させ、脱泡しながら所定の厚さまで積層する成形法です。この成形法は、さまざまな形状に柔軟に対応できる最も一般的な成形法です。

長所 多品種少量生産に適している
設備投資が少ない
複雑な製品の成形が可能
短所 作業環境が悪い
無圧成形であるため繊維含有率が低い
人手によるため品質が作業者の熟練度に左右される
用途例 舟艇・船舶、耐食機器等
ハンドレイアップ成形に
適したガラス基材
事業紹介
繊維
グラスファイバー
メディカル
環境・ヘルス
その他