グラスファイバーとは

成形法│FRTPの成形法

GMT成形

GMT(Glass-Mat reinforced Thermoplastics)は、熱可塑性樹脂(主にPP)をガラス長繊維マットで強化したプラスチック材料であり、スタンパブルシートとも呼ばれます。ガラス含有率が50%程度も占めているので、ガラス短繊維入り熱可塑性樹脂と比べて、強度的に優れ、自動車部品などに多数使われています。

長所 FRTP(繊維強化熱可塑性プラスチック)の中で機械的強度が大きい
一体成形のため、量産性に優れる
比強度(引張強度/比重)が大きく、軽量化材料に適する
制振効果に優れる
短所 バリ取り工程が必要
複雑成形が困難
FRTPの中で外観が悪い
用途例 自動車部品(バンパービーム、エンジンアンダーカバー、フェンダーカバー、ステップ)、パイプジョイント、通信ケーブルトラフ等
GMT成形に
適したガラス基材
事業紹介
繊維
グラスファイバー
メディカル
環境・ヘルス
その他