限りない可能性を追求し、ガラス繊維メーカーのトップを走り続けるグラスファイバー事業。
日東紡
お問い合わせ サイトマップ English サイト内検索
事業紹介 企業情報 IR情報 採用情報 環境への取り組み
グラスファイバー

グラスファイバーとは

歴史


グラスファイバーは比較的近年産業の中に登場した材料です。昭和13年に日本の日東紡、米国のオーエンス・コーニング・ファイバーグラス社が偶然にも同時期に世界で初めて工業化に成功したことに始まります。その後、第二次大戦中に成長し、敗戦により一時は壊滅的な打撃を受けたものの、戦後は米軍や駐留軍向け需要の伸びをきっかけとして、急速な発展を遂げました。

近年では建築資材からFRP、プリント配線基板用電気絶縁クロスに代表される複合素材まで、様々な用途へ広がり、その優れた特性は世界の産業界に広く認められています。

グラスファイバーは、地球が有している資源の中で最も豊富なケイ素と酸素を主体とした材料であり、「地球資源の有限」の観点からも、産業価値のみならず、人間の未来に限りない可能性を与えてくれるテクノロジーです。



事業紹介

繊維
長繊維事業
グラスファイバーとは
歴史
組成/特性
製造方法
成形法
FRPの技術開発
スペシャルマテリアル
熱硬化性樹脂用
(FRP用)
熱可塑性樹脂用
(FRTP用)
ヤーン
電子材料用
ガラスクロス
産業資材用途
短繊維事業
グラスウール
(パラマウント硝子工業(株))
エンジニアリング・工事
各種機械設備の設計・製作・据付((株)日東紡テクノ)
メディカル
環境・ヘルス
プロパティマネジメント
 
このページの上部へ
日東紡 Copyright (C) Nitto Boseki Co., Ltd. All Rights Reserved.  
グラスファイバー事業紹介で使用されている値につきましては、理論値・弊社計測値であり保証値ではありません。